Message

アサヒ商会グループCEO

ご挨拶

 アサヒ商会グループは、まだ馬車が輸送手段の主役だった北海道開拓時代に、荷馬車の製造・販売・アフターサービス会社として創業致しました。当時の一般的な荷馬車には見られないゴム製タイヤの装着とベアリング技術の採用により、輸送力を4倍に引上げ、製造メーカーとしての地位を築きました。その後、二輪バイクの製造・販売・アフターサービス事業を開始し、寒冷地でのシェアを獲得しました。自動車が本格的に普及し始めた戦後には、自動車関連事業に転向。石油燃料販売、自動車販売ディーラー、タイヤやバッテリーといった自動車周辺パーツ販売などに注力致しました。
 昭和50年代に入ると、レジャーへ消費が拡大したことから、ゴルフ場を開発しました。
近年は、北海道から全国へ事業を拡大し、北海道から九州まで、そして、東南アジアまでを事業範囲とし、教育関連や次世代技術を活用した事業を行っております。
 アサヒ商会グループは、創業当時より、それぞれの時代や地域の要望に沿って、必要とされる事業を行うことで、社会に貢献することを目指してまいりました。これからも、消費者・利用者の視点で事業・サービスを開発していきたいと思います。その為にも、グループのスタッフ全員が生き生きと活躍できる企業グループを目指し、就業環境の整備や、個々が目標を持って成長できる組織でありたいと思っております。また、持続可能な目標(SDGs)に代表される社会とのかかわり方も重視し、特に、エネルギー分野、働き甲斐分野、そして、教育分野において、一層の貢献をしてまいりたいと考えております。

アサヒ商会グループCEO 齊藤 巌 略歴

1999年 プライスウォーターハウスコンサルタント株式会社
2003年 ボストンコンサルティンググループ
2007年 パレス・キャピタル株式会社(プライベートエクイティ ファンド)
2009年 株式会社アサヒ商会 常務取締役
2015年 株式会社アサヒ商会 代表取締役
  慶應義塾大学商学部卒業
米国ハーバード・ビジネススクール修了(OPM)
グロービス経営大学院 元客員准教授